単身引越し・家族の引越し体験談

     

女性のための疲れない家族の引越しのトリセツ~引越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~

女性のための疲れない引越しのトリセツ~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~      

みんなの引越し体験談

いざ引越しをするとなると、ノウハウを学んでいても、トラブルがつきもの。引越しの経験が多くても、忘れたころにやってくるのが引越し。前の引越しで気をつけようと思っていたことも、忘れてしまっていることも。みんなの体験談を見て、気がついてないことや、忘れていること、苦労することをチェックして、自分たちの引越しでのトラブルをできるだけ、回避しましょう!

建替の引越しは超大変です! 家族の引越し体験談

家族構成 引越しの時期
主人・私・息子(2人)
義父
(義父)
建替前の引越し 10月
建替後の引越し 4月
(わたし)
建替後の引越し 3月
引越しにかかったお金 引越し業者に支払ったお金
現在約21万円(最終的な金額は4月が終わった後にします) 21万円
引越しのきっかけ
義父の家を建替えて、二世帯にするための引越しになります。
築30年の家の建替えで、まずは養父の引越しがあり、
建替え後に私たち家族が先に入居し、その後に義父が引越し、
計3回の引越しがあります。

まずは義父の引越し、30年の生活からの引越し。大変でした。


旧居の解体の日取りがなかなか決まらず、のんびり引越し引越し準備をしておりました。1ヶ月後に解体しますと言われた時にはまだダンボールも、業者も決めておらず、今使っていない食器をしまっただけでした。そこから1ヶ月、捨てるもの、捨てないもの、引越し中に開ける必要があるものないものなど、非常に苦労しましたが、一番苦労したのが、食器!梱包するだけで1日が終わる日がなんどもありました。

やっぱり電話で問い合わせがオススメ


インターネットで問い合わせもでき、一括見積もりをしてくれるサービスもありますが、建替えで義父が2回引越し、わたしたち家族が1回の引越しとなる特殊な引越しでしたので、電話で直接問い合わせをしました。会社によって、他人事にするオペレーターや事務的なオペレーター。親身になってくれるオペレーター。といろいろでした。いくつかの業者に電話をかけましたが、訪問見積もりをしてもらったのは「サカイさん」「アリさん」「アートさん」の3社。3社すべてが対応が良かった訳ではないですが、他社には断られもしましたし、電話をするのは結構疲れますし、時間もなかったので、予定のあったこの3社になりました。

エコ楽パックとおまかせパック(食器の荷造り)を比べて、エコ楽パックに決めました。


最初は荷造りを自分たちでしようと決めていたのですが、義父の家のもの。何が必要で必要じゃないか?迷います。義父も迷っていました。さらに人は30年も同じ場所に住むとこんなに荷物が多くなるんだなと、正直びっくりする荷物の量でした。義父も私たちも引越しを頻繁にして要る訳ではないので、業者の方にいろいろな質問をしましたが、アートさんが唯一、食器の荷造りが一番疲れるから、エコ楽パックを利用した方が良い。全部おまかせのパックだと値段がかかりすぎるし、食器の荷造りだけのパックでも結局そこまで時間短縮にならないということを教えてくれました。

結婚!最初にやることは実は引越しでした! 単身の引越し体験談

家族構成 引越しの時期
主人・私
引越しは私のものだけ依頼しました。
7月
引越しにかかったお金 引越し業者に支払ったお金
約25万円 約15万円
引越しのきっかけ
結婚にともない、新居に引越ししました。
それぞれが新居に引っ越す形だったので、主人に手伝ってもらうこともできなかったので、
引越し業者にお願いすることにしました。

新婦さんのお引越し。実家からの引越しで楽ちんと思ってましたが、意外に大変でした。


結婚が決まり、旦那さんとの新居に引っ越し予定でした。
実家からの引越しなので、掃除とかもなくて楽だなぁ~なんて思っていたんですが、働きながらの引越しは大変でした。「土日しか、事前準備が出来ない」「引越し後の整理の時間がない」といったことは分かっていたけど、思った以上に相当大変でした。結果的におまかせパックのある業者さんにお願いすることに落ち着きました。

新居を決めたからわずか1ヶ月の引越し。


そもそも入籍の後から新居を探し始め1ヶ月後には引越すぞ!と短い期間に全部終わらせようと思ってしまったため、新居選びから苦労しました。今となっては引越しを逆に短い期間にやったからこそ、ダラダラと土日を使わずコンパクトに終わらせられたと考えていますが、実際に準備をしているときは、もっと時間が欲しい!と思っておりました(笑)。

荷造りだけじゃない!引越し準備ってタイヘン


行政手続きや引越し業者探し、私の場合は結婚というのもあったので、口座名義を変えたり、会社に連絡したり・・・と、引越しは荷造りだけじゃなくて、平日じゃないと出来ないことや事務手続きがいっぱいありました。引越しする週は、もっていくものと捨てるものの選別で夜遅くまでかかりました。子どもが出来てからの引越しは、もっと大変だろうなと感じています。

やっぱり、おまかせパックがオススメ


社会人は値段で考えるより、おまかせパックをオススメします。
荷造り・搬出・搬入に関する大変さから解放されるということは、事務手続きなど見落としがちな作業に専念できます(といっても、私はグズグズしてしまい、間に合っておりませんでした^^;)
それ以外にも、任せることで自由にできる時間が増えるので、肉体的な負担が減る以上に心理的な負担。ストレスが軽減できたのが何よりでした。

みなさんの参考になればと思います。

ブログメニュー一覧

【エリア別】引越し業者ランキング

免責事項
「女性のための疲れない引越しのトリセツ」は2018年11月時点の情報をもとに作成しております。引っ越し業者を探している方へできるだけ良質な最新情報を提供できるように努めておりますが、一部最新の情報ではないものを含む可能性もあります。実際のサービス内容等はそれぞれの会社などのホームページを参考にしてください。

女性のための疲れない引越しのトリセツ
~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引っ越し法~