家族の引っ越し体験談 訪問見積り

     

女性のための疲れない家族の引越しのトリセツ~引越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~

女性のための疲れない引越しのトリセツ~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~      

私の引越し体験談(家族で引越し)

面倒な引越しから楽する引越しにするには、まず準備が大切

前回が結構長くなってしまったので、今回は結論から話します。

訪問見積もりを1日3社にお願いするのは非常に疲れました。

1日にまとめないと、それぞれの仲介業者の比較もさることながら、希望引越しスケジュールが埋まってしまうということもあるので、やっぱりまとめたい。となると、今回の疲労感からいっても3社が限界と感じました。2社まで絞り込めればなお良いと感じました。

各種サービスの中で際立っていたのが「エコ楽ボックス」

あとで説明しますが、今回は非常に荷物の多い引越しでした。
そういった荷物の多い家族の引越し。しかも二世帯。できるだけ楽したい。という思いが強く、基本的に値段はある程度かかっても仕方がないと感じていました。
しかし、そうはいっても無駄な出費はできるだけさけたいところ。
そこでお願いしたかったのが、
食器の梱包です。
今回お願いしたアート引越センター・サカイ引越センター・アリさんマークの引越社のすべてに、おまかせパックというものがあり、
・大型家具の荷造りから設置まで
・上記に食器の荷造りまで
・すべての荷造りと荷解きまで
の3種類。
なんで食器の荷造りでプラスなのか?やってみるまでは分かりませんでしたが、
食器を新聞紙やエアパッキン(プチプチ)で包み、ダンボールの形状に合わせて梱包する。
ものすごく心の折れる仕事でした。
1日かけて食器棚半分といった時もあり、この作業はいつ終わるんだろうと感じてしまっておりました。
なので、主人と相談し、食器の梱包は「おまかせ」にしようと決めておりました。
ところが、アート引越センターさんの営業マンの方が説明してくれたのが、エコ楽ボックスの方が無駄にお金がかからない。エコ楽ボックスは無料で貸し出してますよ。とのこと。
実際に試してみたのですが、高級食器は不安もあり梱包しましたが、普段使いのものなどの梱包作業はウソのようにはかどりました。2週間ほどかけて半分くらい終わっていた食器の梱包の時間はいったいなんだったんだ?ともっと早くエコ楽ボックスについて知っておきたかった。もっと早く見積もりを出しておけばよかったと後悔してしまいました。
結論から言うと、エコ楽ボックスを利用すればということと、後述するシャンデリアの取り外しが可能ということで、アート引越センターさんにお願いいたしました。


主人の実家の建替え(2世帯住宅に建替え)による義父の仮住まいの引越しからスタート

最初に説明したとおり、義父の実家の建替えによる2世帯同居となるため、義父の仮住まいからはじまる引越し。
義理の祖父母の代から37年間住んでおり、今回が初めてと言っていい引越しになります。37年の荷物の重み。敷地面積80坪の荷物の多さは、受け継がれているものや思い出のものがあるだろうなと気持ちでは分かるのですが、実際に引越し作業をする身としては、お願いだから捨てて欲しい。と思うものもいくつかありました。

引越しどころか建替えを悩ますシャンデリア問題

主人の実家には5mのシャンデリアが玄関の吹き抜けに吊り下がっており、これが自慢のひとつだったのですが、今回の建替えでこれもなくなるのね。少しさびしいわね。という話をしていたところ、このシャンデリア。残すということになりました。 これは予想していなかったのですが、実際に外して保管場所に運んでくれる業者というのもひとつの大きな選定ポイントとなっておりました。 建て替えしたときにはどこに設置するのか?というのも設計図では分かるのですが、実際のイメージはまだわいておりません。今は、引越し業者がやってるれるのか?別の専門の業者にお願いすることになるのか?実際いくら位になるのか?といのが想像つかないので、今回の訪問見積りで確認したいと考えていました。


一番安い値段から提示してくれたサカイ引越センター

最初の見積ということもあり、ちょっと緊張していた私たちですが、最初の引越しと伝えていたので、どういう状況か?などを聞いてくれた上で、サービスの内容を説明してくれて、「アナタに必要なサービスはこれです」といった提案をしてくれると思っていたのですが、サービスの内容はなく、「捨てる物」「捨てないもの」の内容を確認し、最安値を出してきてくれました。こちらとしては値段よりも出来ることを知りたい!という思いと、食器梱包地獄からの会報を期待していたので、もう少し商売っ気をだしてほしかったなぁと思うと同時に、電話問合せをしたときに、1日に何件も回っているという話があったので、仕方がないのかな?と知識不足とは言えこちらが準備不足だったのかもしれない反省をしつつ、こちらから要望と質問をしました。

食器の梱包のアドバイスが欲しかったのに、値段を提示されちゃいました

まず最初に、食器の梱包がすごく大変で荷造りが終わらない。他にも大変なものがあると思うんですが、食器だけお願いしたほうがいいのか?実はほかにもっと大変なものがあるのか?という質問をしました。サカイ引越センターの営業マンさんからのお話では、ラクラクCというプランがありまして、プラス3万円になります。とのこと。う~ん、そうじゃなくて、他にも大変なものがあるのか?それともこのくらいの食器量なら逆にやらなくていいのか?などのアドバイスも含めて教えてもらいたかった。あと、最初に安い金額を提示してくれていたので、なんか損した気分になってしまいました。

シャンデリアの取り外しは、出来るかどうかわからないとのこと

次に前述したシャンデリアについて取り外しと荷運びの依頼をしたのですが、専門業者になり、金額が今は算出できない。また可能かどうかも分からないので、今は見積もりに入れませんということになり、他の業者の話も聞いてからシャンデリアについては決めることに。

基本的には金額。サービスの提案などはありませんでした。

引越しの作業員は何人くらいくるのか?と質問をして「2人」。ちょっと荷物量が多いので、もう少しいると思うけどと感じておりましたが、相手もプロなのでそのくらいで出来るんだろうなぁと心の中で思っていたら、「決める段階になったら値段を交渉させて下さい」と終始、比較軸は値段でした。最初の訪問見積もりなので、こちらも準備不足だったかもしれないけど、もう少しいろんな提案をしてくれると嬉しかったなぁと感じました。話は変わって「今は混み合っていないのでこの金額ですが、春になったら倍額になります」と季節によって値段がかなり違うことを教えてくれたのは非常に良かった。


引越コンサルタント風のアリさんマークの引越社

サカイ引越センターが終わってから、一息ついてアリさんマークの引越社。一息ついている間に、しっかりと説明すること、要望や質問をまとめておけばよかったのですが、ひとつ目が終わった安心感から、すっかり忘れていました。しかしアリさんマークの引越社はヒアリング重視らしく、しっかりとこちらの話しを聞いてくれました。すこし、コンサルタントやアドバイザー的な感じで、上から教えさとすイメージ。営業マンのタイプなのか、会社の方針なのかわかりませんが、はじめての引越しの場合はサカイ引越センターさんよりアリさんマークの引越社さんの方がおすすめですね。

アリさんマークの引越社のオススメはゴミ捨て

荷造りにばっかり頭がいっていたので、ゴミ捨てに意識が回っていなかったのですが、引越しで面倒なもののひとつに、ゴミ捨てがあります。ましてや約40年で出てきた不要なもの。かなりの量になりました。この量のゴミを自分たちで区に申請してゴミ捨てするとなると、大変な労力。またゴミ捨て業者に依頼するとなってもまた面倒になります。ワンストップでやった方が楽で、またアリさんマークの引越社は引越し業者の中で格段に安いそうです。エアコンも9台あり、すべて処分すると25万円。運ぶなら合計13万5千円。とのこと。古いエアコンもあったので捨てたい思いがあったのですが、値段の差があるので一旦保留に。

おすすめコースは荷造りをおまかせ、荷解きをキッチンのみのプラン

私の頭を悩ませる食器の荷造り問題については、ほかの荷造りの大変さを説明してもらい、荷造りおまかせ、荷解きをキッチンのみのプランをおすすめされました。

荷造りを前日にやり、当日に運ぶという内容も説明してくれて、なんとなく楽になるイメージが付きました。

ほかにも捨てるもの捨てないものは明確にする
冷蔵庫の中身は必ず空にする
貴重品をまとめるなどのアドバイスをもらいました。ひとつひとつ聞けば分かっていることなんですが、荷造り中は忘れがちになってしまうので、ありがたい忠告でした。

業者によってオススメの人が違うという説明を

サカイ引越センターさんが、当日の作業は2人でとのことでしたが、実際可能なのか?という質問をしたところ、「サカイさんは粗いですね」とのこと。

2人というのが粗いのか、仕事が粗いのか、見積もりの精度が粗いのか少し分からなかったのですが、まぁそれはそれとして、社外秘資料的なものを見せてくれて、
サカイ引越センター 単身向け
アート引越センター 女性向け
アリさんマークの引越社 ファミリー向け
となっている、ポジショニングマップみたいなものをみせられました。
そういう営業ツールがあるのもびっくりしましたが、実際になるほどなぁと感じることができて、アドバイスもしっかりしていたので、アート引越センターさんと迷いました。

シャンデリア問題は後日連絡ということに

シャンデリアについてはサカイ引越センターさん同様に今スグはわからない。無理の可能性が高いので、別の業者を頼んで欲しいとのことでした。今スグわからないといったあとに、出来る可能性が低いと正直に話してくれたのは良い印象でした。


具体的な説明から入って、引越しのイメージができたアート引越センター

最後の訪問見積りの業者は不利。お目当てがあるなら最初がオススメ。

1日に同じ説明を3回繰り返すのは非常に辛く、毎回毎回「これ捨てていきます、これを持っていきます」という説明をもう一回やるのかと感じると、実は来る前から印象の悪かったアート引越センターさん。もうアリさんマーク引越社で決めようと思って、あんまり説明せずに検討しますと言って帰ってもらおうと思ってました。 思えば希望時間に来てくれた唯一の業者さんのなのに、申し訳ないことです。もしもお目当ての業者さんや話を聞いてみたい業者さんがいたら、最初に来てもらうことをオススメします。

ヒアリングの前に引越し当日のイメージを教えてくれた

疲れた状態での訪問見積りだったアート引越センターさんですが、爽やかで臨場感のある説明をしてくれる方で、引越し当日のイメージが浮かび、だから前日までに何をするべきか?ということがしっかりと分かる内容でした。

まず、何を持っていくのか?などの説明の前に、先方が持ってきたカタログで
8時に訪問します。
近所に挨拶に行きます
養生をします
といったことを当日の引越し作業を写真をみながら説明してくれて、
一部の荷物を我が家へ、残りの荷物を義父の仮住まいへもっていく説明をしてくれました。

業務的ではない会話がこちらの警戒心をといてくれて、捨てるもの・持っていくものの話もスムーズにできました。自分の単純さにも驚きましたが、話の進め方がうまいなぁとあとで主人も感心してました。

また冷蔵庫やアンティークはこのようにもっていくという具体的な説明もしてくれたので、信頼できるなと感じました。

食器の荷造りはエコ楽ボックスを強く勧められ、結果それが正解でした

食器の荷造りをお願いする、「おまかせパック」を要望したのですが、食器棚を確認し、他の食器のことも確認したあとに、作業がこれだけ進んでいるなら、エコ楽ボックスがオススメとつよく言われました。理由は途中までやっており、ここから変に金額をアップするよりはエコ楽ボックスに自分たちで収納するほうが楽だし、リーズナブルだからとのこと。その説明で十分納得していたのですが、本来なら仮住まいと言えど、返却しないといけないエコ楽ボックスを、また戻ってくるので、そのままお貸ししますとのことでした。そうすることで、帰りの引越しも紐づけているんだよと主人がお話しておりましたが、実際に作業をしている身としては、普段使いしない食器を開いて、また荷造りしてを考えると、本当に助かります。

シャンデリア問題もその場で電話、その場で解決

シャンデリア問題も、すぐに電話をしてくれて、専門業者に頼んでくれました(4万円とのことでした)。あとからの金額でなく、スグに可能であると説明してくれたのは、自分で専門業者を探さないといけないのかな?と諦めかけていた私たちにとって本当に助かる話でした。 親身になってくれてるなぁと心より感じ、ここが業者を選ぶ決め手となり、その場で主人が握手していました。

実際の決定ポイントは3つ
シャンデリアの業者をその場で決めてくれた
エコ楽ボックスがあるから無駄な出費を抑えられる
さらにエコ楽ボックスを置き去り対応してくれた
です。

エコ楽ボックスの置き去り対応は、ひょっとしたらその営業マンのアドリブのサービスかも知れないので、他では受けられない、怒られてしまうことかもしれませんが、建替えなどでの引越しの場合無理強いをしない程度にお願いしてみてもいいかもしれません。

対応もすばらしく、ガツガツした営業マンじゃないことも好印象でした

見積りの説明もひとつひとつ丁寧に説明してくれて、何にお金がかかっているのかが分かって、納得の行くものでした。その後に早割の説明をしてくれたのですが、サカイ引越センターさんやアリさんマークの引越社がシャンデリアを外すことが出来るのか?も確認したかったので、「今決めなければいけませんか?」という質問をしたところ、「そんなこと、お願いできる立場ではございません。お待ちしますよ」と丁寧な返答も印象深かい出来事でした。 さらにアート引越センターの内部の話をしてくれて、アートは部活みたいで、社長も会長もみんな良い人なんですよ。と客に対して自社の悪口を言う人はいないと思いますが、それでも和気あいあいとしていて楽しいですよと伝えてくれたのは、きっと当日のスタッフもいい人たちだろうなとイメージできることでした。 とにかく安いでも高いでもなく、私たちの引越しに合った提案をしてくれたのが嬉しく、引越しなれしていない私たちには助かりました。


訪問見積もりに来る前にしておきたい準備

荷物の取捨選択をしておく

訪問見積もりでは荷物の量を見て、引越し当日に必要なスタッフの数、トラックの大きさ、作業時間を算出します。これにより見積金額も変わってくるので、訪問見積もりが来る前に荷物の取捨選択をしておきましょう。何を運び何を捨てるのかを明確にしておくと、訪問見積もりがスムーズに進みます。また、事前に荷物の取捨選択をしておくことで、荷造り作業の負担が軽減されます。一気に荷物の整理をすると疲れてしまうので、こつこつと整理を進めておくと良いでしょう。

運搬に注意が必要なものは事前に伝える

荷物の中には、運搬用に特殊な梱包や管理、専用重機が必要になるものがあります。これらの荷物は事前の申請が必要です。大きく分けると、動植物、ピアノ、美術品や骨董品の3つがあります。申請しなかった場合、引越し業者は当日に荷物の運搬を断る権利が出てきます。壊れても気にしないという方もいますが、破損した場合の保証は受けられないので注意が必要です。運搬に注意が必要な荷物がある場合、訪問見積もりの際にしっかり伝えておくようにしましょう。


訪問見積もりで注意したいこと

即決を迫られるケースがある

訪問見積もりでは多くの業者が即決を迫ってきます。業者側は「安くする」「サービスをつける」など、さまざまな好条件を提示して即決させようとしてきます。しかし、複数の業者に見積もりを依頼している場合、もっといい条件で契約してくれる業者もいるかもしれません。また、提示してくる好条件は全て確約ではないので、即決を迫られても断るようにしましょう。

時間がかかる

訪問見積もりには時間がかかります。業者や引越し内容によって差はありますが、おおよそ30分から1時間半かかると見ておきましょう。中にはもっと時間がかかるケースもあります。訪問見積もりを依頼する際、その日1日は余裕をもったスケジュールにしておきましょう。場合によっては訪問見積もりだけで1日が終わってしまうこともあります。

丁寧な応対を心がけましょう

訪問見積もりの営業マンは業者ですが、あくまでも人間です。こちらが横柄な態度とったり執拗な値切りをしたりすれば、相手に悪い印象を抱かせてしまいます。引越し作業で疲れている方も多いかもしれませんが、丁寧な応対をするよう心がけましょう。

【エリア別】引越し業者ランキング

免責事項
「女性のための疲れない引越しのトリセツ」は2018年11月時点の情報をもとに作成しております。引っ越し業者を探している方へできるだけ良質な最新情報を提供できるように努めておりますが、一部最新の情報ではないものを含む可能性もあります。実際のサービス内容等はそれぞれの会社などのホームページを参考にしてください。

女性のための疲れない引越しのトリセツ
~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引っ越し法~