引越し業者に直接問い合わせ。訪問見積りをしてもらう業者選びにもなりました

     

女性のための疲れない家族の引越しのトリセツ~引越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~

女性のための疲れない引越しのトリセツ~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~      

私の引越し体験談(単身引越し)

引越し業者に電話しました!

引越し業者を選ぶ時は、複数の業者から見積りをもらって比較検討するのが良いと聞いていましたし、サイトの一括見積りなら仕事などで忙しい人にも手軽に見積りの比較ができるとのことだったので、今回利用しました。けれど、あまりたくさんの業者で一括見積りすると、その後の電話対応などが大変だとのこと。そこで、サイトなどをみて自分たちの希望に合いそうな引越し業者を3社ピックアップして、見積りを出してもらうことにしました。

まずは業者選び。この3社に決めた!

まずは業者選び。この3社に決めた!
単身の頃に安さ重視で、あまり知名度の高くない業者さんに依頼した事があったんですけど、 箱に「壊れ物あり」とか「物を重ねないでください」と目立つように書いていたにも関わらず 扱いがあまり丁寧ではなく、搬出後炊飯器の蓋が割れていた・・・なんてこともありました。そこでもちょいちょい業者との交渉でもめて、それ以降安さだけで選ぶのはやめようと決意しました。 なので今回は引っ越しの知名度No.1の「アート引っ越しセンター」さんを筆頭にテレビCMでもよく見る「アリさんマークの引っ越し社」さん、宅配便でいつもお世話になってる「クロネコヤマト」さんが引っ越しもしていることを知ったので、この3社に絞りました。

電話でアポ。1日に3社はキツかった!(1日で終わって良かった)

平日は中々時間を取る事が出来ず、業務時間内は長時間電話連絡ができなかったので、 スマホからでも見積もり依頼が出せたので 仕事が終わってから、営業時間外にネットで見積もり依頼を出しました。フォームに大まかな家具数や荷物の量を記載してゆくのですが、何よりも荷物量が多く、必要な箱の量やトラックのt数が分からない私としては直接見積もりを取ってもらいたかったので必要事項を入力した後は、自動的に受領メールが送られて来て、見積もりの日にちと時間帯は後ほど電話連絡がある旨が記載されていたので、あとは3社からの連絡を待つのみでした。 引っ越しまで日数もなく、平日がつぶれてしまっているので、なるべく同日に見積もりを済ませてしまいたかったのでアートさんとアリさんは同日に見積もりをお願いしました。

アート引越センター

一番最初に連絡が来たのはアートさんでした。スマホから依頼を出したのが前日金曜日の深夜くらいだったのですが、 朝の8時くらいにセンターから電話連絡がありました。直接見積もりにくるとのことで、同日の17時~18時頃に営業の方から再度見積もりの連絡がくるとのことでしたが、15時頃に営業担当の方から連絡がありました。

アリさんマークの引越社

アリさんマークの引越し社。同じく土曜日深夜にスマホにて見積もりの依頼→受付メールは自動送信ですぐにきました。 日曜日にはメール、電話共に特に連絡がなく、 週明けの月曜日にメールの方で概算金額のみが送られてきましたが、 こちらから電話しないと直接見積もりの予約・連絡はないようです。

ヤマトホームコンビニエンス

同日土曜日深夜にスマホにて見積もりの依頼→自動送信の受付完了メール 日曜日の昼頃に電話にて連絡がありました。他の2社と異なり、ネット上で荷物の個数を入力し、例えば1日に引越しならば前日31日に荷造り→1日に搬出という形で、直接事前に見積もりを取ることはないとのことでした。私の荷物量では単身パック2箱分でぎりぎりか、入らなかった分は宅急便みたいなもので別途送るみたいです。もし、大幅にオーバーしたら単身パック1箱追加(¥20,000/個)となるようです。

いよいよ訪問見積もり

ヤマトさんは訪問見積りがないということだったので、アートさんとアリさんの2社に見積もりをお願いしました。平日は働いているし、準備が全然できていなかったので、おまかせパックをお願いすることにしました。最初はアリさん。一番最初に提示された金額は117,720円でしたが他社も検討している旨を伝えたところ、108,000円にまで値下げはしてくれました。だいたい30分くらいで見積りは終わり、引越しのアドバイスを聞いた感じだと、梱包とかはこちらでやるので、貴重品などだけご自身でお持ちくださいというお話でした。私も最初の訪問見積もりで緊張してしまっていたのか、引越しのノウハウを聞き出したかったのに、聞けませんでした。繁忙期ということもあったらしく、希望の土曜日が通らず、日曜日という条件だったので保留にしました

つづいてアートさんが来ました。荷物が少ないので安く出来るとお話していましたが、15万円!高いなぁと思っていたんですが、他にも頼んでいる話をしたところ11万円まで値下げしてくれました。4万円も減ったので、スタッフ人数が変わることがあるか?と聞いたのですが、スタッフの人数は変わらないとのこと。安心しました。その他にも実際の引越しでのアドバイスとそれ以外のアドバイスを聞いたところ、新居の間取りは決めておいたほうが良いということや、インターネットの接続は意外に忘れてることが多いですので気をつけてくださいと言ったことを説明してくれました。新居の間取りは自分たちで大体は決めていたのですが、たしかに寸法を測って細かくはやっていなかったので、すごく参考になりました。アリさんとアートさんで悩みましたが、アートさんは希望の土曜日での引越しがOKだったので、アートさんに決めました。


Related Posts

【エリア別】引越し業者ランキング

免責事項
「女性のための疲れない引越しのトリセツ」は2018年11月時点の情報をもとに作成しております。引っ越し業者を探している方へできるだけ良質な最新情報を提供できるように努めておりますが、一部最新の情報ではないものを含む可能性もあります。実際のサービス内容等はそれぞれの会社などのホームページを参考にしてください。

女性のための疲れない引越しのトリセツ
~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引っ越し法~