引越しは断捨離の絶好のチャンス!新生活で必要のないものを選別して捨てることをオススメします。

     

女性のための疲れない家族の引越しのトリセツ~引越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~

女性のための疲れない引越しのトリセツ~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~      

私の引越し体験談(単身引越し)

引越しで捨てるもの

今回は実家からの引越しだったので、大型家具や家電などを処分することもなく、いわゆる粗大ゴミというものは出ませんでした。処分していくものとして仕分けた中で多かったのは、衣類と迷ったあげくに泣く泣く諦めたグッズ類。やはり2人の生活となりますから、持って行けるものの量は限られますし、思い切れなかった荷物を整理できるチャンスと思って、頑張って捨てるものを決めました。私の場合はこのような感じでしたが、引越しで粗大ゴミが出るのは珍しいことではありません。その場合、処分の手配は自分でしなければならないそうです。

粗大ゴミ?リサイクル?処分法を決めよう

粗大ゴミ?リサイクル?処分法を決めよう 引越しで捨てることになったもので、普段のゴミの日に出せないものは、粗大ゴミとして処分するかリサイクル品としてオークションや買取業者に依頼するか、処分方法を決める必要があります。私の場合は、家具や家電といった大型の処分品はありませんでしたので、粗大ゴミを依頼する選択はしませんでした。捨てるものとして出た衣類や泣く泣く処分することにしたグッズ類は、当初リサイクル品としてオークションや買取業者に依頼しようかとも考えたのですが、売却金額と労力が見合わないと感じたため、売ることはやめて廃棄することにしました。

粗大ゴミを出す手続き

今回私は粗大ゴミを利用しませんでしたが、家具や家電などを粗大ゴミとして処分する場合、廃棄する場所となる市区町村役所が指定するゴミ処理センターなどに、粗大ゴミを出すことを連絡し、粗大ゴミを出す日にちを決める必要があるそうです。連絡の電話では、収集日を決めるほかにも、どんな粗大ゴミを出すのかを伝え、それにかかる料金を確認する、という大事な作業があります。また、出したいゴミの種類によっては、粗大ゴミとして引き取ってもらえないものもありますので、その確認をするのも大事になってきます。

コンビニで買える!粗大ゴミ券

粗大ゴミには、引き取ってもらうのに料金がかかります。その値段は、家具や家電などその種類によって決められていて、ゴミを指定の場所に出す時にはその料金の「粗大ゴミ券」を貼った上で、出す必要があります。もしこの「粗大ゴミ券」が貼られてなかった場合、業者は持って行ってくれませんので、注意してください。この「粗大ゴミ券」は近くのコンビニで購入することができますので、時間のある時にすぐに買えるのでとても便利だそうです。

自治体によってはゴミ処理場へ持ち込みも可能

自治体によっては、粗大ゴミを自分でゴミ処理場へ持ち込むことが可能なところもあるそうです。そうなると、業者に払う料金がいらなくなるので、手間と労力はかかりますが、料金を節約できてコスパ的には魅力的です。ですので、もしも自分で粗大ゴミを運べるようであれば、旧居または新居のある自治体に、持ち込みが可能であるかどうか、確認しておくことをおすすめします。

Related Posts

【エリア別】引越し業者ランキング

免責事項
「女性のための疲れない引越しのトリセツ」は2018年11月時点の情報をもとに作成しております。引っ越し業者を探している方へできるだけ良質な最新情報を提供できるように努めておりますが、一部最新の情報ではないものを含む可能性もあります。実際のサービス内容等はそれぞれの会社などのホームページを参考にしてください。

女性のための疲れない引越しのトリセツ
~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引っ越し法~