引越し後の挨拶回りの体験談になります。

     

女性のための疲れない家族の引越しのトリセツ~引越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~

女性のための疲れない引越しのトリセツ~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~      

私の引越し体験談(単身引越し)

ドキドキと緊張の挨拶回り

新居のマンションでは、引越し後の第一関門「ご近所への引越しの挨拶」が待っていました。引越し作業をする時に、業者さんが作業をおこなう旨挨拶をしていましたが、自分たちで改めてご挨拶するのは初めて…。これからの新生活をスムーズに行っていくためには、ご近所との関係も大切ですから、最初が肝心ですよね。夫とふたりでかなり緊張しながら、選んだ挨拶品を持って伺ったのですが、いずれのお宅もお留守で…。再度伺った時もやっぱりお留守で、あまりしつこくしてもと夫と話して、その時の挨拶は諦めました。

挨拶回りに選んだ商品はコレ

挨拶回りに選んだ商品はコレ
新居のマンションのお隣などへ、引越しの挨拶に持って行く品として選んだのは、「めんべい」という明太子を練り込んだおせんべいにしました。以前両親が博多に旅行した際にお土産として買って来てくれたお菓子で、とりあえず凄く美味しくておやつにもお酒のおつまみにもぴったりなので、人にあげるにはちょうど良いと思って。東京でも購入が可能でしたし、下手に甘いお菓子を買うよりは日持ちもするし、おせんべいだったら好き嫌いが少なく誰でも食べれるからと、この商品を選びました。

緊張の挨拶回り、でも…

引越し作業も終了し、さぁ、いざ夫と共に両隣と下の階に住んでいる方にご挨拶しようと、若干緊張しながらまずは左角のお部屋に向かいました。ふたりしてどきどきしながらチャイムを押して……あれ。もしかして聞こえなかったのかな? 二回目こそ気づくよね。 ピンポーン…応答なし。どうやら外出してるみたいでした。 その日は土曜日だったし、天気も良かったのでどこかへお出かけになっていたのかもしれません。

まぁそれも仕方ないと思って、今度はいざ右隣へ!ピンポーン……応答なし。こちらも二回押してもダメで、じゃあ下の方に…と思ってチャイムを押したのですが、こちらも出ない!
え、みんな出かけてるの???

休日だしそういうこともあるか、と考えて次の日に仕切り直しをすることにしました。
ところが! 翌日の日曜もどのお部屋もやっぱり出て来てくれなくて、じゃあ流石に平日の仕事終わりだったら在宅してるだろうと思ってチャイムを押してみても誰一人出てこない…。3部屋とも表札は出ているし、住んでないということはないんだろうけど、3日伺って全て全滅って…驚きました。

これって、もしかして避けられてる…? そんなネガティブな考えが頭に浮かびましたが、最近では引越し蕎麦じゃないけど、挨拶回りをしない家庭も増えてるっていうし、マンションだからあまりそういったおつきあい的なものには消極的なのかな…と思って。
一応居留守だったとしても、形式だけは挨拶回りをしようとしたし、あまりしつこいと逆に嫌がられるかもしれないよね、と夫とも話して、挨拶することは諦めました。


【エリア別】引越し業者ランキング

免責事項
「女性のための疲れない引越しのトリセツ」は2018年11月時点の情報をもとに作成しております。引っ越し業者を探している方へできるだけ良質な最新情報を提供できるように努めておりますが、一部最新の情報ではないものを含む可能性もあります。実際のサービス内容等はそれぞれの会社などのホームページを参考にしてください。

女性のための疲れない引越しのトリセツ
~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引っ越し法~