引越し準備は大変でした。単身といえどあらかじめ準備してから始めることをオススメします。

     

女性のための疲れない家族の引越しのトリセツ~引越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~

女性のための疲れない引越しのトリセツ~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~      

私の引越し体験談(単身引越し)

引越しの準備何から始めよう

引越しを決めてから、まずは新居となる物件探しを始めたのですが、最初は二人ともわりとのんびり構えていました。けれどそうこうしているうちに、物件探しにかなり時間をかけてしまっていて、手続きや業者選びなど結局スケジュールが押してしまい、引越し間近はかなり忙しく過ごしました。仕事をしながら引越し準備を進める場合、動ける時間は限られてきますから、同時進行できるようなものは早めに始めた方が、もっと時間に余裕が生まれたかも…と思いました。

引越し1ヶ月前★物件探しに悪戦苦闘

引越し1ヶ月前★物件探しに悪戦苦闘
引越し1ヶ月前というと、丁度入籍したてで、住む場所についてまだ具体的には考えておらず、週末のデートでとりあえず物件を見に行ってみようか、というレベルでした。 でも賃貸サイトを見ているうちにどんどんと「引っ越して早く二人で生活したい!」とか、「この間取りだったらここにこれをおいて~」などという新生活への期待感が高まり、ひとまず第一候補にあがっていた都市の不動産屋さんで直接話を聞いてみようということになりました。
そこで不動産屋さんから聞いたのが、6月は丁度ジューンブライドで結婚する人が多く、4月ほどではないけど、人気のあるエリアや駅近の物件などはすぐに決まってしまう、ということでした。確かに賃貸サイトで良いなと思った物件を問い合わせてみても、「その部屋はもう決まってしまいました」という返答や、予算内で収まった!と思ったら管理費別で予算オーバーっていうパターンが多かったです。通勤時間を極力かけたくない私達にとっては徒歩1~5分という駅近の魅力的な物件と出会っても、実際に内見してみると部屋が暗かったり、間取りがすごく使いづらいものだったり…。一時は部屋探しを諦めかけたこともあったほど、なかなかコレという物件には巡り会えませんでした。でも結婚するからにはまずは実家を出て二人で暮らしてみたかったので、気に入る物件との出会いは縁と同じだと思って焦らずに探す事にしました。
そんな時にこそ、良い出会いってあるものなんですよね・・・
最初は、広い間取りと5分圏内の駅近物件ばかり探していたんですが、少し妥協したらあっさりと決まってしまいました。後はもうこれ以上探しても今の物権以上のものは見つからない気もしましたし、なによりも問い合わせても問い合わせても埋まってしまったという台詞でこれ以上落胆したくなかったので、その日に契約の準備を進め、次の週には本契約を結びました。

引越し1週間前★手続きや業者探し、荷物整理に追われる日々

本来ならば物件探しや、行政関係の手続き、引っ越し業者探しなどは一ヶ月以上前に余裕をもって行っていくものなのでしょうけれど、平日は仕事が忙しく、「明日こそ・・・」なんて思っているうちにあっという間に時間が経ち、気付けば引っ越しまで残り半月になってしまっていました。ようやく物件も決まり、引越し業者探しを開始。一括サイトを使うと何十社も怒濤のごとく電話がかかってくると聞いていたので、今回は有名な3社に絞って利用しました。
行政関係の手続きは平日じゃないとできないので、転出届けなどは全て郵送で行い、一週間前はひたすら、新居に持ってゆくものと捨てるものの選別をしていました。私は昔から捨てられない質なのでとにかく物が多く、最終週は仕事もあるし、週末2日くらいしかまとめて作業できる時間がなかったので、毎晩遅くまで作業に追われていました。

引越し前日★「お任せパック」で特にすることはなかった

私前日までの準備ですが、今回は荷造りからなにまで全て行ってくれる「お任せパック」でお願いしていたので、荷造りといっても必要なものをまとめたり、貴重品や精密機を分けておくくらいで特にすることはありませんでした。お互い、実家からの引っ越しだったので、冷蔵庫などを整理する必要もなく、忘れても送ってもらう事も取りに帰る事もできる距離だという安心感もあり、想像していたよりなにもすることがなくて、かえって落ち着かずそわそわしてました(笑)

前回の引っ越しの際は完全に家から全ての物を持ち出して、いらない物は自分で処分して、掃除までしなきゃならなかったので、前日といえばものすごく忙しかった覚えがあります。ですが、今回は箱詰めから開封までやってくれるパックのため、楽ではありましたがあまり何もせずにいるのも結構不安になってしまって…。少しでもスタッフさん方が荷物を積めやすいように、衣類や小物は種類別にまとめたりしていました。


Related Posts

【エリア別】引越し業者ランキング

免責事項
「女性のための疲れない引越しのトリセツ」は2018年11月時点の情報をもとに作成しております。引っ越し業者を探している方へできるだけ良質な最新情報を提供できるように努めておりますが、一部最新の情報ではないものを含む可能性もあります。実際のサービス内容等はそれぞれの会社などのホームページを参考にしてください。

女性のための疲れない引越しのトリセツ
~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引っ越し法~