引越し先での片付け体験談になります。

     

女性のための疲れない家族の引越しのトリセツ~引越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~

女性のための疲れない引越しのトリセツ~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~      

私の引越し体験談(単身引越し)

片付け!

今回の引越しでは、「おまかせパック」で荷ほどきもしてもらったので、あまり片付けはしていません。食器類なども作業スタッフの方が確認しながらしまっていってくれたので、部屋にダンボールが積み上がったまま、という状態は避けられました。とは言え、後から入れる家具などもあり、そのままにしてもらった荷物もありましたので、全く片付けが必要ない、ということはありません。ですが2人とも仕事で忙しく、なかなか片付けがすすんでいないのが現状です。そのため、結局一部屋が荷物置き場として占領されてしまいました。(笑)

忙しい人におススメ!業者の荷ほどきサービス

忙しい人におススメ!業者の荷ほどきサービス
当初、荷ほどきは自分でしようと思っていましたが、実際に運び込まれるダンボールの数を見て、荷ほどきまでしてくれる「おまかせパック」にして良かったと、心底思いました。2人とも仕事がある中でこの荷物を全部ほどいて片付けたら、一体どのくらい時間がかかるんだろう…と。荷ほどきをしてくれたスタッフさんは、きちんと確認しながら荷ほどき作業を進めていってくれましたし、自分たちで荷ほどきしたい荷物は伝えておけばそのままにしてくれます。ですので、引越し終了後に片付けに追われることもなく、スムーズに生活をスタートさせることができました。全く片付けなくて良い、というわけではありませんが、2人とも仕事をしている私たちにとって、最初の片付けを手伝ってもらえたことは、本当に助かりました。

すぐに使うものから開けていきましょう!

引越し後の片付けは、けっこう大変な作業です。効率よく荷ほどきしていかないと、かえって部屋が散らかってしまう可能性もあるそうです。今回私は業者さんにお任せしましたが、まず自分で荷ほどきしていく場合、すぐに使うものから開けていくのがベストだそうです。生活をスタートさせるのに最低限必要な洋服や食器、寝具、カーテン、浴室セットなどを最初に荷ほどきして片付けていくと、散らかりづらくなるとのこと。逆に今特に必要ではないものは、無理に荷ほどきせずそのまま収納してしまうのも、スムーズに新居を片付けていくのには、おすすめだそうです。私は、後日自分で荷ほどきをするとして残してもらった荷物は、一部屋にまとめておいておきました。けれど結局2人とも仕事で忙しく、荷物はまだ部屋を占拠したままです(笑)。

ダンボールの行方

梱包に使用したダンボールは全て引越し業者さんが引き取ってくれたので、ダンボールがゴミとなって困ることはありませんでした。最近はダンボール引き取りサービスを行っている業者が多く、利用される方も多いそうです。

ただ、業者によってはその業者が提供したダンボールでなければ引き取らない、といったケースもあるようですので、一応確認してくださいね。その場合は、自分で廃棄することになりますので、転居先のゴミ収集のルールも事前に把握しておくと、処分しやすくなります。


【エリア別】引越し業者ランキング

免責事項
「女性のための疲れない引越しのトリセツ」は2018年11月時点の情報をもとに作成しております。引っ越し業者を探している方へできるだけ良質な最新情報を提供できるように努めておりますが、一部最新の情報ではないものを含む可能性もあります。実際のサービス内容等はそれぞれの会社などのホームページを参考にしてください。

女性のための疲れない引越しのトリセツ
~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引っ越し法~