引越しの時に出る大量の段ボール、どうやって処分する?

     

女性のための疲れない家族の引越しのトリセツ~引越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~

女性のための疲れない引越しのトリセツ~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~      
女性のための疲れない引越しのトリセツ » 面倒な引越しを楽に成功させるヒケツ大公開 » 引越しの時に出る大量の段ボール、どうやって処分する?
もう終わってる?引越し手続きチェックリスト

引越し後の段ボール、その処分方法とは

引越しに欠かせないアイテムといえば段ボール。荷物を詰め込むためには大量の段ボールが必要になりますが、荷解き後はただのゴミになってしまいます。意外と困ってしまう段ボールの処分ですが、その処理方法は3つ。ここでは新しい生活をスムーズに始めるための、段ボールの正しい処分方法をご紹介します。

引越し業者に回収してもらう


段ボールの処分方法として一番手間がかからないのは、引越し業者に回収してもらう方法です。引越しのオプションメニューとして、段ボールの処分を引き受けてくれる業者は珍しくありません。このような業者に引越しを依頼すれば、自分の手間や時間はかけずに、大量の段ボールを簡単に処分することができます。

そのため、引越し業者を選ぶ際のポイントのひとつとして、「段ボール回収オプションを扱っているか」をチェックするようにしてみてください。ただし業者によって料金体系が異なるので、業者への依頼を考えている方は事前にしっかり確認しておくこと。なかには無料で引き取ってくれるところもあるため、なるべく費用を抑えたいという方は探してみるのも良いでしょう。

古紙回収業者に依頼する


依頼を予定している引越し業者が段ボール回収のオプションを扱っていない場合、古紙回収業者にお願いするのも一手です。不要な紙類を回収する古紙回収業者は、使用済みの段ボールでも無料で引き取ってくれる場合があります。

古紙回収業者に段ボールを回収してもらう方法は、「直接回収」と「回収ボックス」のふたつ。直接回収とは、アナウンスをしながら車を走らせている業者に声をかけて、その場で回収してもらう方法です。回収ボックスを利用する場合、古紙回収業者が用意した専用の回収ボックスに段ボールを入れておきましょう。

古紙である段ボールは再生資源業者を通して直納業者へと運ばれ、加工されたあとに製紙メーカーでリサイクルされます。いずれも時間や手間はかからず、簡単に段ボールを処分できる方法です。業者によって回収方法が異なるケースもあるため、依頼する前に聞いて確かめておくことをおすすめします。

ゴミの日に出す


段ボールはゴミの日に出すことも可能です。その場合、自治体によって出せる曜日や処分方法に違いがあるため、市のホームページなどで確認してみてください。

多くの自治体で段ボールは「資源ゴミ」として扱われます。決められた捨て方やルールについては、引越し前にあらかじめ調べておくとスムーズ。引越しに使われる段ボールは、大量になるケースもしばしばあります。そのぶんゴミ捨て場でもスペースをとるため、ルールにはきちんと従いましょう。

ゴミ捨て場が小さい場合、一度に段ボールを捨ててしまうとほかの住人に迷惑がかかってしまうので、何回かに分けて捨てるようにすること。また雨の日は段ボールが濡れてしまい、ゴミを出すのも回収するのも大変になるため、なるべく晴れの日を選びます。

【エリア別】引越し業者ランキング

免責事項
「女性のための疲れない引越しのトリセツ」は2018年11月時点の情報をもとに作成しております。引っ越し業者を探している方へできるだけ良質な最新情報を提供できるように努めておりますが、一部最新の情報ではないものを含む可能性もあります。実際のサービス内容等はそれぞれの会社などのホームページを参考にしてください。

女性のための疲れない引越しのトリセツ
~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引っ越し法~