見積りより荷物が増えたときも正しい対処でスムーズに

     

女性のための疲れない家族の引越しのトリセツ~引越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~

女性のための疲れない引越しのトリセツ~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~      
女性のための疲れない引越しのトリセツ » 面倒な引越しを楽に成功させるヒケツ大公開 » 見積りより荷物が増えたときも正しい対処でスムーズに
もう終わってる?引越し手続きチェックリスト

見積りより荷物が増えたときの対処方法

引越しの荷造りをしたあと、見積り時より荷物が増えてしまうケースは珍しくありません。しかし引越し業者は、事前にチェックした荷物の量によって見積り金額などを決めています。少量であればほとんど問題はありませんが、多くなりすぎると対応不可になってしまうことも。当日になって困ることのないよう、事前に正しい対処方法を知っておきましょう。

まずは連絡をする


引越し準備中に荷物の量が増えてしまったら、まずは業者に連絡をしましょう。連絡をしないで当日を迎えてしまうと、作業に支障が出てしまいます。あるいは見積り金額より高い料金を請求されることで、予算オーバーにもなりかねません。

このようなトラブルを防ぐために、荷物が多くなるようであればできるだけ速やかに連絡することが大切です。事前に連絡をしておけば、業者側もスムーズな対応が可能。繁忙期など、何かしらの理由が重なった場合には対応できないこともありますが、できる範囲でサポートしてくれるはずです。

当日になって荷物が増えてしまうことが分かったら、作業スタッフに直接相談しましょう。荷物の量で運搬可能か、その場で判断を下し適切な対応をしてくれます。

どれぐらいの荷物が載るのかあらかじめ把握しておく


荷物の量を「このくらいの量だろう」と目安だけで判断して依頼すると、後々のトラブルに繋がってしまう恐れがあります。運搬車にはどれくらいの荷物が載せられるのか、あらかじめ把握しておきましょう。

軽トラックの場合、積める荷物量は1.5畳分に収まる程度。単身で荷物が少ない場合は軽トラックで済ませられることもあります。軽トラックより大きい2トントラックは、3畳に収まる程度の荷物量が積載可能です。ひとり暮らしで家具家電がすべて揃っている場合、軽トラックへの搭載は難しく2トントラックでの対応になるでしょう。2トンロングトラックは荷物が少ない夫婦や、荷物が多い単身引越し向き。4.5畳に収まる程度の荷物量であれば対応可能です。

不要なものは処分する


見積り後に荷物が増えてしまうと、何かと手間がかかるもの。業者側も対応できない場合があるうえに、見積り金額が大幅に増える可能性もはらんでおり、なるべく避けたいところでしょう。不要なものは事前に処分するなど、工夫しながら荷造りをするのがベストです。

不用品の処分は引越し時の荷物を減らせるだけでなく、新生活の気持ちいいスタートにも繋がります。使っていない洋服やキッチン用品などの細かなものから、家具や家電など大きいものまで、引越しを機に使うかどうか一度見直してみてください。業者によっては不用品の回収も行っているため、このようなサービスを積極的に活用するのもおすすめです。

【エリア別】引越し業者ランキング

免責事項
「女性のための疲れない引越しのトリセツ」は2018年11月時点の情報をもとに作成しております。引っ越し業者を探している方へできるだけ良質な最新情報を提供できるように努めておりますが、一部最新の情報ではないものを含む可能性もあります。実際のサービス内容等はそれぞれの会社などのホームページを参考にしてください。

女性のための疲れない引越しのトリセツ
~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引っ越し法~