引越し時のライフラインに関する手続き

     

女性のための疲れない家族の引越しのトリセツ~引越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~

女性のための疲れない引越しのトリセツ~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~      
女性のための疲れない引越しのトリセツ » 引越し時に必要な手続き一覧 » 引越し時のライフラインに関する手続き
引越しに必要な手続き~ライフライン編~

引越しに必要な手続き
~ライフライン編~

引越しでは電気やガス、水道といったライフラインの手続きを行う必要があります。現在の住まいでの契約を解約し、新しい住まいで契約を申し込まなければなりません。現住所の使用料金は日割りで計算されることが一般的です。また、立ち会いが必要なものと不要なものがあり、事前に立ち会いの日時を予約しなければならないケースもあります。そのため、引越し予定日がわかったら早めに申し込むことをおすすめします。ここでは、電気やガス、水道の手続きを具体的にご紹介します。

電気


電気の解約手続き

解約手続きは利用している電気会社へ電話、またはインターネットで行います。電気の解約は当日でも可能ですが、引越し前はバタバタするので、退去日の1週間〜3日前までには済ませておくとよいでしょう。また、インターネットから解約手続きをする場合、電気会社によっては当日の解約ができない場合もあるため確認しておいてください。

解約手続きの際は、お客様番号と引越し日のほか氏名や住所が必要です。解約当日は立ち会いなどは不要で、退去時にブレーカーを下げておくだけでかまいません。解約日までの電気料金は日割り計算されて、引越し先の住所に案内が届いてから支払うか、口座振替の場合はそのまま自動的に引き落としされます。

電気の開始手続き

引越し後、玄関にある電気使用申込書のハガキまたは封書を電力会社に郵送します。電力会社に直接電話やインターネットで申し込むことも可能です。

電気の開始手続きには、契約する住所や氏名、口座振替なら銀行の口座番号や印鑑、クレジットカード払いの場合はカード番号が必要となります。

契約時には電力の大きさや容量を選ぶことができます。家族の人数や電気の使用イメージを考えて、アンペアを選ぶようにすると電気の使用量に合った基本料金になります。もし引越し時点で迷っても後から契約電力や契約容量の変更ができますので安心してください。

引越し先に入居後、一般的なマンションではブレーカーを上げるだけですぐ電気が使えるようになります。漏電遮断機や配線遮断機がある一戸建ての場合は、電気を使うためにこれらのスイッチをオンにする必要があることがあります。

ガス


ガスの解約手続き

遅くても引越しの1週間前までには、ガス会社に使用停止の申し込みをしましょう。ガスの使用停止は立ち会いが必要となる場合が多く、ガスメーターが室内に設置されていたり、マンションがオートロックだったりする場合は、立ち会いの日時の調整が必要になることも。退去日までの日数が少ないと、立会日に間に合わないことがありますので注意してください。

使用停止の申し込みは電話またはインターネットで受け付けています。手続きにはお客様番号や住所、氏名、引越し予定日時などが必要です。お客様番号は毎月の検針票またはガスメーターのシールに記載されています。

使用停止当日にはガス会社の係員がメーターの検針をして、それまでの使用料を精算します。口座振替なら次の引き落とし日に精算されます。

ガスの開始手続き

ガスの使用開始の申し込みは、入居日の1週間前までに行っておきましょう。これは転居先でガスを開栓する際、ガス会社の方に立ち会いしてもらう必要があるため。引越しシーズンの3月から4月は、早めに申し込まないと立ち会いの予約が希望通りに取れないこともあります。使用開始の申し込みは電話またはインターネットからできます。

立ち会いではガスの開栓のほかガス器具の確認、警報装置の作動確認などが行われます。開栓時のトラブルとしては、引越し先のガスの種類とガス器具が違うため使えないというケースが多いです。プロパンガスと都市ガスではガス器具が異なるので、買い直さなければいけません。特にプロパンガスの多い地方から都市ガスの多い都市部へ引越しするときは、確認しておきましょう。

水道


水道の解約手続き

水道の解約は居住地の水道局に連絡します。市区町村の水道課に直接電話するか、水道局のホームページで受け付けています。水道の閉栓では立ち会いの必要はありません。ただし、現地で現金による精算をしてもらいたいときは、訪問日時の予約をしておきましょう。口座振替を利用している場合は、銀行口座からの引き落としで精算されます。

使用停止の申し込みは引越しの1週間前までが目安です。手続きではお客様番号と引越し日のほか、契約者氏名や現住所、引越し先の住所が必要となります。お客様番号は検針票や水道料金の領収書で確認できます。

また、地域や住まいによっては、管理会社が水道料金を取り扱っている場合や、地下水を引いているため上水道を使用していない場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

水道の開始手続き

新しい住まいで水道を使用するときは、メーターボックス内にある水止め栓を開栓するだけで水が出るようになります。使用開始手続きは、玄関やポストにある水道使用開始申込書のハガキを投函するだけです。水道局のホームページからも申し込むことができます。

水道の使用開始手続きでは、立ち会う必要はありません。栓をひねるだけで水道が使えるようになるので、事前の申し込みも不要です。契約者の氏名、現住所のほか引越し日といった情報だけ用意しておきましょう。

また、賃貸の場合、水道料金を水道局ではなく管理会社に支払うケースもあります。一般的には、メーター検針で毎月の水道料金が決まりますが、ワンルームマンションでは月々いくらと定額の場合もあります。

【エリア別】引越し業者ランキング

免責事項
「女性のための疲れない引越しのトリセツ」は2018年11月時点の情報をもとに作成しております。引っ越し業者を探している方へできるだけ良質な最新情報を提供できるように努めておりますが、一部最新の情報ではないものを含む可能性もあります。実際のサービス内容等はそれぞれの会社などのホームページを参考にしてください。

女性のための疲れない引越しのトリセツ
~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引っ越し法~