引越し時の新聞に関する手続き

     

女性のための疲れない家族の引越しのトリセツ~引越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~

女性のための疲れない引越しのトリセツ~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~      
一括見積りの落とし穴

引越し時の新聞の住所変更・解約手続きってどうする?

新聞を購読している場合、引越し時には手続きが必要です。そのまま継続して購読するか、解約するかによっても手続きの仕方は異なってきます。ただでさえ荷造りや運び込み、荷ほどきと作業の多い引越しで、書類上の手続きを面倒に感じる方も少なくありません。心機一転、気持ちのいい新生活をスタートさせるためにも早いうちに済ませておきましょう。ここでは新聞に関する手続きの方法や注意点を、わかりやすくまとめてご紹介します。

継続して購読したい場合


引越し先でも新聞を購読する場合、新聞販売店との間で継続の手続きをします。同じ新聞でも販売店のエリアが異なる場合、引越し先のエリアに対応している販売店と改めて契約が必要です。まずは、現在の販売店に引越しと継続購読の旨を連絡しましょう。連絡方法は、販売店への電話連絡が主ですが、新聞社によってはホームページ上から手続きができる場合もあります。引越し後、そのエリアの販売元へ連絡をして、新しく契約を結べば手続き完了です。

解約したい場合


引越しを機に新聞の購読を解約したい場合、販売店にその旨を連絡しなくてはなりません。この場合、新聞社ではなく販売店ごとに決まった方法があるようです。まず引越し日に合わせて配達停止日を決めます。その後なるべく早めに販売店へ伝え、停止日までの費用を精算してもらいましょう。解約するにあたっては、精算などさまざまな手続きが必要となります。スムーズな手続きのためにも、解約を決めたら速やかに販売店へ連絡するのがベターです。

中途解約に注意


結論から言うと、エリア外への引越しでない限り、中途解約はよほどの理由がないと難しいでしょう。新聞の購読契約は基本的に月決めとなっており、契約は最短で1ヶ月、最長で1年が基本です。もし契約期間の途中で解約をする場合、デメリットが生じることもあります。

新聞の購読は、新聞社ではなく販売店との契約になりますが、解約自体を受け付けないケースもあれば、支払い済みの料金の差分が返金されないことも珍しくありません。新聞の購読に関してのルールは、販売店ごとに決められています。同じ新聞でもエリアによって対応はまったく異なるため、後々のトラブルを防ぐためにも、ペナルティがないか購読契約前にしっかりと確認しておいてください。

引越し先での新聞契約は慎重に


引越し先で新たに新聞の購読契約をする場合、安易な契約を結ばないよう注意が必要です。じつは、新聞の契約に関する苦情は年間1万件前後に及び、国民生活センターには多くのトラブルの声が寄せられています。前述のように、新聞の購読契約はそのエリアの販売店との間に結ぶもので、新聞社と契約するわけではありません。販売店ごとにルールが決められており、なかには悪質なケースも存在します。このような販売店は珍しくなく、年間の苦情件数に如実に表れているでしょう。

新しく新聞の購読契約をする場合、まずはその販売店のルールや、解約に際するペナルティなどを事前に調べておくこと。同じ新聞社だからといって油断せず、契約を結ぶ際は慎重に行ってみてください。

しつこい勧誘があった場合はクーリングオフも可能


新聞契約で多く聞かれる苦情のなかに、しつこい勧誘があげられます。執拗に勧誘されてつい契約してしまい、後々のトラブルに繋がるという事例も少なくありません。このような契約を結んでしまったとき、基本的に契約期間中は支払い義務が発生します。ただし、自宅へ訪問してきた場合には、クーリングオフの対象にすることが可能です。

クーリングオフは、消費者を販売元から保護する制度で、契約した日から8日以内に申し出ることで無条件の解約ができます。ただし、電話や対面では販売元が対応してくれないこともあるので、解約する旨を書面にして提出すると確実です。直接販売元へ持っていくか、差出を確認できる特定記録郵便などの郵送方法で書面を提出しましょう。

【エリア別】引越し業者ランキング

免責事項
「女性のための疲れない引越しのトリセツ」は2018年11月時点の情報をもとに作成しております。引っ越し業者を探している方へできるだけ良質な最新情報を提供できるように努めておりますが、一部最新の情報ではないものを含む可能性もあります。実際のサービス内容等はそれぞれの会社などのホームページを参考にしてください。

女性のための疲れない引越しのトリセツ
~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引っ越し法~