引越し疲れからうつにならないためにも、余裕を持った引越し計画が大切

     

女性のための疲れない家族の引越しのトリセツ~引越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~

女性のための疲れない引越しのトリセツ~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~      
引越しを楽しむ♪疲れない引越しとは

引越しを楽しむ♪疲れない引越しとは

準備から当日の搬入搬出、荷ほどきなど、引越しとは精神的にも肉体的にも大変な作業です。そんな大変な作業をいかに疲れないものにできるかは、引越しを楽しめるかどうかにもかかっています。元気に新たな生活をスタートさせるためには、どんなことに気をつければ良いのでしょうか。

引越し後に起こる「引越しうつ」は、珍しいことではありません


引越し後に起こる「引越しうつ」は、珍しいことではありません
引越し作業は精神的にも肉体的にも大変な作業ですので、引越し完了後に体調を崩してしまった、という方は少なくありません。ホッとした気の緩みも手伝って、風邪を引いてしまったり、荷物の片付けで疲労が溜まって、筋肉痛などで体を動かすのがしんどくなってしまったり…。中でも一番注意したいのが「引越しうつ」の発症です。「引越しうつ」は引越し後1~2ヶ月後に発症しやすく、最初は引越し疲れによる風邪と思われる方が多く、見過ごしてしまった結果、悪化させてしまったケースもあるそうです。引越しをきっかけにうつを発症させることは、決して珍しいことではありません。特に女性に起こりやすいとされていますので、注意が必要といわれているのです。

なぜうつを発症してしまうの?


うつ症状を発症させてしまう要因には、過度なストレスが挙げられています。引越しは、まさにこの条件にピッタリと当てはまる、大きなストレスがかかるイベントに他なりません。引越し作業自体の大きな疲労はもちろんですが、引越しによる環境の変化も精神的に大きなストレスとなってしまうからです。慣れない土地での緊張感や孤独感など、引越しが終わってからも精神的な負荷がかかり続けるため、うつを発症しやすいとされています。専業主婦や乳幼児を持つ育児中の女性の場合、外との接点が少ないため疎外感や孤独感といったストレスがかかりやすく、引越しうつの発症リスクも高いそうです。

頑張りすぎずに新しいことを楽しもう♪


「引越しうつ」にならないようにするためには、要因となるストレスがかかるのをいかに軽減できるかが、重要なポイントとなってきます。そこで大事になってくるキーワードが「頑張りすぎない」ということと、「楽しむ」ということです。責任感を持って事に当たるというのは大切ですが、その頑張りが過ぎてしまえば精神的には大きな負担となってしまいます。引越しが決まったら、無理のない引越し作業ができるように、余裕を持たせたスケジュールを組み立てましょう。それでも引越し作業が大変な時は、一人で抱え込まず誰かにお手伝いを頼むのも、ストレス対策にとって大切なポイント。つまり、疲れない引越を目指すことこそ、引越しうつ予防に適しているのです!また、大変なことばかりに注目するのではなく、引越し全体を楽しむこともおススメです。引越し後も、ご近所さんに挨拶をしたり、散策してお店をチェックしたり、無理せずに楽しみながら徐々に馴染んでいくのが、予防に効果を発揮してくれるとのことです!

【エリア別】引越し業者ランキング

免責事項
「女性のための疲れない引越しのトリセツ」は2018年11月時点の情報をもとに作成しております。引っ越し業者を探している方へできるだけ良質な最新情報を提供できるように努めておりますが、一部最新の情報ではないものを含む可能性もあります。実際のサービス内容等はそれぞれの会社などのホームページを参考にしてください。

女性のための疲れない引越しのトリセツ
~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引っ越し法~