荷物預かりサービスを利用も楽する引越しの重要なポイントになります

     

女性のための疲れない家族の引越しのトリセツ~引越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~

女性のための疲れない引越しのトリセツ~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~      
女性のための疲れない引越しのトリセツ » まだ引越しで消耗しているの?かしこい引越し業者の選び方 » 引っ越し荷物預かりサービスを利用して、疲れないお引越し♪
引越荷物預かりサービスを利用して、疲れないお引越し♪

引越荷物預かりサービスを利用して、疲れないお引越し♪

入居のタイミングやリフォームといった理由で、新居に搬入できない荷物がある場合、便利なのが「荷物預かりサービス」です。引越し業者の預かりサービスを利用するのも良いですが、荷物預かり専門のトランクルームや宅配クリーニングなどを賢く活用するのも、実はとても有効となる場合があるんです♪

まだ搬入できない荷物、どうしたらいい?


まだ搬入できない荷物、どうしたらいい?
通常の引越しでは、旧居から新居への荷物の搬入搬出は、1日で全てが完了となります。ですが、「建て替えやリフォームのための引越し」や「入居可能日よりも前に退去しなければならない引越し」の場合、旧居から搬出した荷物をすぐには新居に搬入できません。そんな時、置き場のなくなった荷物をどうしたら良いのでしょう?ここで有効になるのが、「荷物の一時預かりサービス」です。このサービスは、荷物預かり専門のトランクルーム運営会社が提供していますが、引越し業者の中でも一時預かりを提供している会社もあります。それぞれサービス内容に特徴がありますので、どちらを利用した方が自分にとってお得になるのか、比較して賢く活用していきましょう。

トランクルームの荷物預かりサービスとは


トランクルームは、荷物の預かりを専門としていますので、引越し業者のサービスよりも使い勝手が良い場合があります。例えば、引越し業者のサービスではできない、荷物の出し入れが自由にできるというのが大きな特徴となっています。もちろん、荷物の出し入れごとに追加料金が取られることもありませんので、長期間の保管にとても適しています。そしてもう一つの大きな特徴なのが、湿度や温度管理がされている空間で荷物が保管できる、という点です。そのため、丁寧に保管したい荷物も、長期間安心して預けておくことが可能だということです。ただし、トランクルームを利用する場合は、荷物の搬入搬出を自分でおこなわなければならないので、その分手間がかかってしまいます。また、トランクルームは会社ごとに保管体制や大きさなどといった違いがありますので、自分に合っているかをしっかり選ぶことが大切になってきます。

その他にもある預かりサービス


引越し業者やトランクルーム以外にも、利用できる預かりサービスがあります。中でも注目なのが、「サマリーポケット」という収納アプリ。スマホで荷物の預け入れや管理、取り出しも依頼できますし、1箱あたりの価格もとてもリーズナブルなので、小物を預けるのにとても手軽で便利です。

衣類の場合、引越しのシーズン以外の衣類を宅配クリーニングの預かりサービスを利用するのも賢い方法。夏なら冬物、冬なら夏物の衣類を宅配クリーニングにだし、預けておくことで、引越し後の荷物の片付けが非常に楽になります。衣類を安心して、預けておくことが可能です。場合によっては布団なども預けておくことも出来ます。疲れない引越しのために、シーズン外の衣類や布団を宅配クリーニングに預けて、シーズンに入ったらきれいな状態で利用しちゃう!まさに一石二鳥になりますね。

引越し時の荷物預かりサービス一例


仮の住居に入りきらない荷物は、引っ越し業者が提供する荷物の預かりサービスを利用するのが便利です。サービスの特徴は業者によって違うため、まずはそれぞれを比較することが大切。こちらでは、各引っ越し業者の荷物一時預かりサービスについてご紹介します。

アート引越センター

アート引っ越しセンターでは、引っ越しのオプションとして、トランクルームで荷物を預かってくれるサービスがあります。荷物量や保管日数については相談の上で決定するため、料金も状況によって異なるでしょう。荷物が少なかったり、預かり日数が短かったりすると、保管料がかからないことも。ただし、引っ越し先の地域や時期によっては、サービス自体を断られてしまう可能性があります。まずは一度相談してみる必要があるようです。

日本通運

日本通運の荷物預かりサービスは、引っ越しオプションとして利用できます。こちらの最大の特徴は、入居先が決定していなくても荷物を預かってくれること。入居先が決まっていないとサービスを受けられない業者もあるので、その点日通はとても助かりますね。また、荷物の長期保管はもちろんのこと、1ヶ月未満の短期保管にも対応しています。保管日数によっては、トランクルームではなく輸送手段を変えて調整するので、保管料の負担を少なくしてくれるようです。

ヤマトホームコンビニエンス

ヤマトホームコンビニエンスの荷物預かりサービスは、「建替え引越パック」と「リフォーム引越の達人」の2種類についてきます。前者は、住居の建て替え時に利用でき、新居ができるまでの間、仮住まいに入らない荷物を預かってくれるサービスです。荷物量に関わらず料金は一律で、保管期間は5ヶ月以内となっています。後者は、住居のリフォーム時に、置いておけない荷物を預かるもの。原則1ヶ月以内の保管で、こちらは東京・関東エリアのみの扱いなので注意してください。

サカイ引越センター

一時的な荷物預かりは、新築、リフォームの場合のみ適用できるサービス。それ以外の引っ越しでは、自分でトランクルームを契約して管理することになります。保管料金は、荷物量によって変わってくるので、事前の見積もりは必須です。契約書などの関係で、訪問見積もりとなるので、その点は押さえておきましょう。そして、一度荷物を預けたら、途中で取り出すことはできません。そのほか不明な点は、電話で問い合わせてみてくださいね。

アーク引越センター

アーク引っ越しセンターでも、一時的に荷物を預かってくれます。こちらは引っ越しに伴うオプションサービスで、あらゆる引っ越しに対応しているでしょう。保管料は別途かかりますが、トランクルームで荷物を預かってくれるようです。しかし、保管期間や荷物の量に上限があるかは、問い合わせてみないとわかりません。HPを見ても不明点が残る場合は、実際にアーク引っ越しセンターへ電話してみることをおすすめします。

【エリア別】引越し業者ランキング

免責事項
「女性のための疲れない引越しのトリセツ」は2018年11月時点の情報をもとに作成しております。引っ越し業者を探している方へできるだけ良質な最新情報を提供できるように努めておりますが、一部最新の情報ではないものを含む可能性もあります。実際のサービス内容等はそれぞれの会社などのホームページを参考にしてください。

女性のための疲れない引越しのトリセツ
~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引っ越し法~