引越し相場は繁忙期とそれ以外で大きく違う

     

女性のための疲れない家族の引越しのトリセツ~引越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~

女性のための疲れない引越しのトリセツ~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~      
引越し相場っていったいいくらなの?

引越し相場っていったいいくらなの?

特に引越し業者に依頼するのが初めてだった場合、提示された見積金額が相場よりも高いのか安いのか、とても気になると思います。果たして引越し業者から提示されたその値段は妥当なのかどうか、それをはかる基準となるよう、一般的な引越し相場について調べてみました。

引越し料金の内訳は?


引越し料金の内訳は?
引越し業者が提示する料金は、「基本運賃」「割増料金」「実費」「オプション」に内訳することができます。「基本運賃」とは国土交通省が定めている金額に準拠した金額で、どの業者もほぼ同じような金額になります。「割増料金」は、繁忙期や土日祝日などで、割増しされる料金のことで、「実費」は、引越し作業にかかる人件費やトラック代、梱包費用、交通費などが反映される料金を指します。そして「オプション」は、業者ごとにおこなっているエアコンの移設やピアノ運搬、不用品の処分などオプションサービスにかかる料金のことです。見積金額を比較する時に、項目ごとに比べていくのも良いでしょう。

引越し料金の相場はいくらくらい?


引越しにかかる費用は安いほど嬉しいですけれど、それで安かろう悪かろうだったらそれも怖いですよね。その見積額が適正かどうか、判断の基準として知りたいのが「引越し費用の相場」だと思います。そこで、全国平均の引越し料金相場を調べてみました。

  • 単身引越し相場…40,000円~50,000円
  • 家族引越し相場…80,000円~110,000円

以上が平均的な引越し費用相場となっていますが、提示した金額は通常期での平均となっています。引越しの繁忙期(2月~4月)の期間になると、どの引越し業者も値段が上がりますので、以下のように全体的に高くなる傾向にあります。

  • 繁忙期での単身引越し相場…50,000円~100,000円
  • 繁忙期での家族引越し相場…90,000円~200,000円

また、家族の人数や荷物の量、引越し先までの距離などでも料金は変わってきますので、相場に当てはまらないからダメ、とは一概には言えないのが実情となります。

作業人数によって料金が変わる

引っ越しは、繁忙期以外にも、料金が上がる要素はあります。その一例が作業人数です。引っ越しは、人数が多いほど効率が上がり、早く作業が終わります。そのため、作業人数の多い引っ越しはメリットではありますが、人件費の分だけ料金は上がります。大体で計算しても、1人あたり約15,000円は料金が高くなるでしょう。

作業人数が増えるケースには、いくつか理由が存在します。代表的なのは、エレベーターのない集合住宅。エレベーターで荷物を運び出すことができない場合、すべての荷物を階段でおろさなければならないので、業者の負担はより大きくなります。エレベーターがあっても、あまりにも小さいと使えないので注意が必要ですね。

さらに、冷蔵庫や洗濯機などの大きな荷物は、ある程度人数がいなければ運べません。家電以外にも、大きな家具があるときには、人員が増えるでしょう。このように、通常よりも作業人数が増えることがあるので、事前に自分の家の環境を確認しておくと良いかもしれません。

距離によっても料金が変わる

引っ越しの料金は、移動距離によっても変化します。実際どれくらいの時間、作業員が仕事をするかで考えればわかりやすいのではないでしょうか。距離が長くなればなるほど、運搬時間も長くなるため、料金が高くなります。

単身
(荷物少)
単身
(荷物多)
2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上
全平均 平均
27,000円
平均
33,000円
平均
60,000円
平均
65,000円
平均
70,000円
平均
80,000円
~15km未満
(同市区町村程度)
平均
20,000円
平均
25,800円
平均
50,235円
平均
60,000円
平均
64,800円
平均
76,000円
~50km未満
(同都道府県程度)
平均
21,600円
平均
30,000円
平均
58,000円
平均
70,000円
平均
90,000円
-
~200km未満
(同一地方程度)
平均
30,000円
平均
42,000円
平均
75,600円
平均
82,000円
平均
90,000円
平均
140,300円
~500km未満
(近隣地方程度)
平均
43,100円
平均
58,000円
平均
126,000円
- 平均
130,000円
平均
195,000円
500km以上
(遠距離地方程度)
平均
54,000円
平均
73,500円
平均
150,000円
平均
185,000円
平均
220,000円
-

繁忙期ではないオフシーズンの料金相場表を見てみましょう。現在と同じ市区町村内に引っ越しする場合の料金を基準とすると、県外への引っ越しはその1.5~2倍。さらに、移動距離が500kmを超える引っ越しでは、料金が3倍程度にまで膨れ上がります。距離で言えば、大体東京~大阪くらいでしょうか。長距離の場合は、ドライバー専門の人員を用意することもあるので、その分作業人数が増える傾向にあります。

お得な引越しを実現するには


引越し料金をお得にするには、業者ごとにおこなっているキャンペーンなどを利用するのも、有効な方法の一つ。現在どんなキャンペーンをおこなっているのか、チェックしておくと良いでしょう。また、本当に必要なサービスだけに絞って、有料のオプションサービスをつけるようにするのも、引越し料金をお得にするポイントになります。でも、本当に疲れない引越しというのは、値段が安いだけのことではありません。的確なサービスが受けられ、気持ち良く引越しが終了できてこそ、お得な引越しができたと実感されるでしょう。ですので、金額だけでなくサービス内容も良く精査して、これならと納得できた引越し業者にお願いするようにしてくださいね。

お得と楽を両立する疲れない引越しをするためには?


お値段と疲れない引越しを両立するためのコツとして、各社サービス名が違いますが、大手引越し業者には全部おまかせ・半分おまかせ・自分でやるといったサービスパックがあります。もちろん全部おまかせすれば楽です。しかし全部任せると言っても自分でやらなければならない引越し作業がなくなるわけではありません。金額と楽を天秤にかけ、引越しの梱包作業で大変なのが「食器の梱包」。同じ大きさのお皿を新聞紙にくるんでダンボールにつめてを繰り返すだけで家族の場合1日以上かかることもあります。その回避策として食器の梱包サービスがあるサービスパックを選ぶことをオススメします。引越し業者によって「全部おまかせ」の場合と「半分おまかせ」の場合があるので、電話で問い合わせた時、訪問見積りの時に確認してください。

【エリア別】引越し業者ランキング

免責事項
「女性のための疲れない引越しのトリセツ」は2018年11月時点の情報をもとに作成しております。引っ越し業者を探している方へできるだけ良質な最新情報を提供できるように努めておりますが、一部最新の情報ではないものを含む可能性もあります。実際のサービス内容等はそれぞれの会社などのホームページを参考にしてください。

女性のための疲れない引越しのトリセツ
~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引っ越し法~