2019年も?「引越し難民」対策が必要??

     

女性のための疲れない家族の引越しのトリセツ~引越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~

女性のための疲れない引越しのトリセツ~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引越し法~      
女性のための疲れない引越しのトリセツ » 引越しのよもやま話 » 2019年も?「引越し難民」対策が必要|女性のための引越しのトリセツ
引越しのイメージ

今年も必要!?「引越し難民」対策

新年度を迎えるにあたり、希望日に引越しができないいわゆる「引越し難民」が2018年度は多発しました。各引越し業者が人材不足の影響を受けそもそも受け入れ態勢ができていないことが大きな要因です。

2月中旬から4月下旬までの期間は「業者が見つからない」「通常の3倍以上の金額でやむなく引越した」「仕事は待ってくれないのでマンスリーマンションでやり過ごした」などこの打撃を受けた方が多数いたようです。

2019年度もこの引越し難民が出るという予測も各社立てているようですが、昨年よりも厳しくなるとも言われています。引越し難民にならないための対策などをまとめてみました。

引越し難民とは


年度末などに、希望日に引越しができない人たちのこと。学校や会社は待ってくれないため通常よいも高額の引越し費用を支払ったり、そもそも引越しができずに遠距離通期やマンスリーマンションなどでやり過ごした人たちもいるそうです。

春休みは「引っ越し難民に注意」…運転手が不足~読売新聞~


国土交通省は18日、3月から4月にかけて引っ越しをする人が増えることを受け、ピーク期を避けるよう呼びかけを始めた。トラック運転手の人手不足の影響で、昨年は希望通りの日程で引っ越しができない「引っ越し難民」が社会問題となったため、早めの協力要請に踏み切った。

<引用>https://www.yomiuri.co.jp/economy/
20190118-OYT1T50099.html

一般的に言われているのがネット通販などの宅配サービスの急増により運送会社がトラック運転手のリソース確保に四苦八苦しているそうです。安価になり人件費も嵩む引越し業務よりも本業の宅配業にリソースを割いているようです。

引っ越し難民の危機再び? 2018年よりもさらに供給能力は逼迫へ~財経新聞~


引っ越しの需要は変わらないが、供給が追い付かない状況が続いており、希望の時期に引っ越しができない「引っ越し難民」が現れることもあると予想している。

<引用>https://www.zaikei.co.jp/article/
20190118/489394.html

大手運送会社が引越しの受注を停止していることもうなずけます。3月の繁忙期に入ってから業者を探すのではなく早めの物件探し、4月の平日までずらすことが得策のようです

引っ越し難民の救世主になるか?人手不足・長時間労働の業界にシェアサービス~BUSINESS INSIDER JAPAN~


引っ越し業者の「空き時間やトラックをシェアしよう」というサービスが登場した。複数業者の空いている時間を組み合わせて引っ越しを組むなどで徹底的にムダを省き、相場より4割程度安い引っ越しが提供できるという。人手不足時代の引っ越し業界で、救世主となるのか?

<引用>https://www.businessinsider.jp/post-183670

現在のシェアサービスの特徴とも言えるサービスですね。サービスの質やドライバーや請負業者の信頼度によっては成長サービスになりうると思います。こういうサービスを背景に専門業者のサービスの質も上がる相乗効果にも期待したいです。

引越し難民にならない為の対策とは!4箇条


【その1】

3月に入ってから見積業者探しはNG

【その2】

4月の平日まで引越し希望日をずらす

【その3】

シェアサービスなどの新たなサービスを利用する

【その4】

前もって(2月中)には引越し先、業者の選定は完了させる

【エリア別】引越し業者ランキング

免責事項
「女性のための疲れない引越しのトリセツ」は2018年11月時点の情報をもとに作成しております。引っ越し業者を探している方へできるだけ良質な最新情報を提供できるように努めておりますが、一部最新の情報ではないものを含む可能性もあります。実際のサービス内容等はそれぞれの会社などのホームページを参考にしてください。

女性のための疲れない引越しのトリセツ
~引っ越し業者がひた隠す、イチバン楽な引っ越し法~